2022年7月6日水曜日

今日は3年2組で解の公式を佐藤先生が授業しました。


 昨日の3年1組の数学授業の課題の解答です。

今日、3年2組で佐藤先生がこの授業を行い、村上市と関川村の中学校、村上中等教育学校前期課程の先生方がその授業を見に来られました。

生徒の取組が素晴らしく、暑い中、一生懸命考えていたことを皆さん口々に褒めていかれました。

この公式は、この後、暗記して2次方程式を解くために使います。因数分解できない2次方程式だと判断したら、即使いましょう!

3年生は2組もすごいですね。

2022年7月5日火曜日

3年1組の数学を参観しました。

 3年1組の数学を参観して


今日、5限に3年1組の数学の授業を参観して、とても感動しました。

授業者の佐藤先生はこの授業のために時間をかけて準備をしてきました。

課題は、「2次方程式の解の公式を(自力で)導きなさい」というものです。

教員採用試験の問題に出るくらい難しく、容易でない課題です。



上の段の2次方程式を与えられて、下の段の解の公式を自力で獲得するという、何からやっていいのか困るような課題です。

生徒がみんな、一生懸命取り組んでいました。そのことに感動しました。

解答は載せられませんが、自力で導いている生徒、途中まで出来ている生徒のノートを確認して、「すごいなぁ」と思いました。

課題にねばり強く取り組む、協力して取り組む、助言をしっかり受け取る、素晴らしいの3拍子です。

また見に行こうと思いました。


2022年6月29日水曜日

下越地区総体、特別講演会&ピアノ・ソプラノコンサート

 下越地区総合体育大会が終了しました。

結果は教頭から保護者様宛メールで配信いたしました。

どの部も全力を尽くして大会に参加してくれました。素晴らしいことです。

7月16日から始まる県総体には陸上競技砲丸投の木村さんが出場することになりました。大変良かったです。

吹奏楽部は7月23日から始まる下越地区吹奏楽コンクールに参加します。今一生懸命暑い中練習に取り組んでいます。


話は変わりますが、6月26日(日)に村上市民ふれあいセンターで開催された特別講演会&ピアノ・ソプラノコンサートに吹奏楽部の皆さんと聴講・鑑賞に行ってまいりました。

小和田恆様の特別講演「世界を知る・日本を知る」では、小和田様が、「人生において初志貫徹せよ」「一生懸命取り組めば迷いは必ず生じるもの」という2つのこと若い人に贈る言葉として語られました。

「Dr.りえのおしゃれなクラシック」コンサートでは、世界的なピアニストの平井李枝様の演奏を直にお聴きすることができました。お父様の平井丈二郎様、弟様の平井裕也様も出演されました。

一流のピアニストゆえの演奏の素晴らしさは当然ですが、出演者の皆様の村上市へのサービス精神の旺盛さ、思い入れの素晴らしさに感動しました。

2022年6月23日木曜日

髙橋ご夫妻による陶芸教室が行われました

 今日の2限と3限に、地元の陶芸家の髙橋喬士様から、特別支援学級の授業で陶芸をご指導いただきました。ご夫妻でおこしくださり、生徒は写真のとおり作品制作を行いました。

また1ヶ月後の授業や、今回の作品の焼き上がりを生徒とともに楽しみにしているところです。

大変ありがとうございました。























2022年6月16日木曜日

部活動の地域移行について

 部活動の地域移行について、最近、新聞やテレビで報道されています。

今月スポーツ庁から示された「運動部の地域移行に関する検討会議提言の概要」には、次のようにあります。

〇休日の運動部活動から段階的に地域移行していくことを基本とする。

 (令和5年度の開始から3年後の令和7年度末を目途)

〇平日の運動部活動の地域移行は、できるところから取り組むことが考えられ(以下略)。

これを受けて、朝日地区でも今後どのように子どものスポーツ活動を保障するか考える時期にあると思います。

 このことについて、朝日中学校は総合型地域スポーツクラブ「愛ランドあさひ」様と数回検討を行いました。

 愛ランドあさひ様から、希楽々様で行われている「融合型部活動」を朝日地区でも実施したいと提案がありました。

 私は「職員(部活動顧問)、保護者様、生徒、地域の指導者の方々で合意形成がなされれば、その方向(融合型部活動導入)に賛成です」とお伝えしました。

私の考えは以下のとおりです。

◎朝日地区の生徒が、16時30分までは学校の授業や行事に取り組み、その後は地域移行された部活動等に取り組めるようにする。誰一人として取り残さないようにする。その子にとって「やりたい活動がない」ということがないことを目指す。

◎できればスポーツに限らず、地域貢献活動、まちづくりへの参画、自学自習などもできる環境にしたい。

     

 現実的には様々な課題が山積しており、実現が難しいことは承知しています。しかし、地域の皆さんと共に考えるということが大切だと思いますので、最大限の理想を書きました。

 6月14日、愛ランドあさひ様、村上市教育委員会様、朝日中学校(校長、教頭、職員数名、保護者代表様)、朝日地区スポーツ少年団様で、部活動地域移行に向けた第1回検討会を行いました。今後、検討を重ねて、実現できるところから実現していきたいと考えています。

 今現在の最大の課題は、地域のスポーツ指導者の募集だと思います。「朝日地区で子どもにスポーツを指導してくださる方」が参画してくださることが無い限りこの事業は成立しないからです。

 また、経費(参加する子どもの家庭が負担する経費)はどう変わるのか、現在のところは不明です。指導者への報酬負担は、部活動では発生しなかったのですから、どの程度負担が増えるのか、全国的にも未定の部分です。これは、国や県からの助成がはっきり決まっている段階ではないこともあります。

 繰り返しになりますが、3年後に、中学生で「やりたい活動が何もない」と困っている子がいる事態にならないよう、小中学生の保護者の皆様や、地域の皆様、関係機関の皆様と検討を行っていきたいと考えております。


2022年6月13日月曜日

下越地区大会1日目が行われました。

 6月10日(金)、下越地区総合体育大会(1日目)が行われました。

結果については、保護者様向けメールで配信されたとおりです。

大会を各会場で参観し、どの部も全力でプレーしていたことに感動しました。

技術が上手いことには「美しさ」を、試合に勝ったことには「喜び」を感じますが、それとは別に、選手のマナーや取り組む態度の良さにも「美しさ」を、朝日中の生徒が一生懸命頑張っていることにも部活動を通して成長したのだなあと「喜び」を感じました。

きっと保護者の皆様も同じお気持ちだと思います。

残念ながら負けてしまった生徒の皆さんには、「今日は(試合では)負けてしまったけれど、現況は自分の意志で変えられるので、新しい挑戦を始めてほしいです。」

2022年6月8日水曜日

2年生のキャリアスタートウィークに向けての講演会を行いました。

 本日5限に、2年生の「キャリアスタートウィークに向けての講演会」を行いました。

講師として、Komachi事業部の小田朱莉様におこしいただきました。

※Komachiは書店・コンビニエンスストアで販売されている新潟県内の情報誌です。


小田様はKomachiの編集者として、社内で各号の企画会議を行い、県内を駆け回って取材をして、記事の編集まで行って発刊に至るまで活躍しておられます。
中学生にとっては、学校の外の社会で活躍しておられる方のお話を直接うかがう貴重な機会となりました。
学習の一環で、2年生は10班に分かれ、「おすすめスポット編集会議」を行いました。
「瀬波温泉」「イヨボヤ会館」など、たくさんのおすすめスポットが挙げられました。
人にお店の魅力、品物の魅力を伝える仕事の素晴らしさを、小田様から教わりました。
本当にありがとうございました。